お金の知恵ノート

最新情報

マイナス金利でお得な低金利の時代の借換

0-63.jpgマイナス金利になって、銀行の収益は落ちているようですが、庶民にとっては、金利が低い今はメリットがとても大きいです。

確かに銀行に預けてもほとんどれ利息が付かず、預金は増えないですが、お金を借りる場合とても得をします。

とくに住宅ローンでは、借換をして、トータル数百万円特になるというケースもゴロゴロ出ています。

つまり、今は増やすのではなく、低金利ローンで借りて得をするという時期なのです。

住宅ローンの場合は、金利差1%残高1000万円以上残り期間10年以上が借り換えの目安になるようですが、それ未満であっても、借換え手数料が低ければ得をするケースもあります。

2016年5月13日|

カテゴリー:借り入れ

民間ビジネスローンはつなぎ融資用

0-51.jpg無担保で保証人無で、300万円ぐらいまでの融資であれば、法人でなくとも、個人事業者にも融資してくれるのがビジネスローンです。

多くの銀行がそのような融資用品を用意しています。 ただし、ほとんど、開業のための資金としてのものではなく、すでに事業を営んでいる人の向けの資金ですので、無担保で借りられるのならばと思うかもしれませんが、 そうはいきません。

個人でもある程度事業の実績がないと、融資の対象にならないのです。事業融資審査の承認に大きく影響するのです。

しかし、事業をはじめたならば、何か急に資金が足りなくなったときに、利用できますので、事業が順調な時に、審査だけ受けておいて、つなぎ融資に使うにはとても便利だと思います。

タグ

2014年11月10日|

カテゴリー:事業ローン

もしもの残高不足の時にできること

041.jpg口座にお金が足りなくて、引き落としができない状態になり、あわてる・・・そんな状況には陥りたくはないものですが、

うっかり引き落とし日を勘違いしていたとか、大きな買い物をしていたことを忘れて、入金するのを忘れていたとか、別に多重債務者でなくても、口座残高不足であわてるということがありえます。

そんなとき、別の口座にあるものを移すとか、手元の現金を入金するとか、親に借りるとかできればピンチも回避することができますね。

しかし、給料日前で現金がない、親にも借りるわけにはいかないような時にはどうしたらいいのか・・・そんなピンチの時は、やはり貸金業者から借りるしかありません。

そしてもちろん急いで入金しなければならないわけです。しかし、上手に賢くお金を借りないと後で大変です。返済の時のことを考えて賢くお金を借りる方法を知っておく必要があるでしょう。

2014年9月19日|

カテゴリー:借り入れ

自宅に居ながらお金が借りられるネットキャッシング

023.jpg信じられますか?自宅に居ながら、お金が借りられるというお話。

自宅に居ながらというのは、まさしく、家を一歩も出ることもなくという意味です。

「じゃあ、どうやってお金をうけとるのか?」って、疑問がわくと思いますが、現金を受け取るという意味ではありません。

それは自分の預金口座への振込という方法です。

この方法をATMからのキャシングに対して、ネットキャッシングや振込キャッシングといった言い方をします。

2014年9月 8日|

カテゴリー:借り入れ

リボ払い地獄に注意

最近は、直ぐにリボ払いをしてしまう人が増えています。

このリボ払い、すごく金利が高いことをしっていますか?

消費者金融のキャッシング以上の場合もありますよ。

月々の支払金額が、一定の金額まで同じなので、毎月魅かれる金額が同じなので、

何を買っても、給与が減らないので、間隔がマヒしてしまいます。

結局まいつき、多くの利息を払っているようなものです。

だったら、まだキャッシングをして、1月で返したほうが絶対いいです。

30日無利息のキャッシングとかだったら、31日目からしか利息がつきません。

タグ

2014年5月 2日|

カテゴリー:貯蓄

保険を削って、貯蓄に回す

保険の支出を抑えて、貯蓄に回すことも考えてみてはどうでしょうか・・・

過剰な保障やだぶっている保障・・・いざというときでも、貯金でOKにものもありますし・・・

本当に必要な年齢の時だけにして、掛け捨てにしたり、定期にしたりすると、ものすごい節約になったりしますよ。

保険の見直しで節約を考えているのであれば、まず自分がどういった保険に加入しているのか、保険料はいくらなのかなど今現在の状態をしっかりと把握してみてください。

がん保険の見直し、生命保険の見直しなど色々みつかると思います。

タグ

2014年3月 6日|

カテゴリー:貯蓄

もしもの時の入院費用と保険の見直し

ネット保険が出てきて、とても安くすることができるようになり、保険の見直しを考える人が増えてきてるようです。

既に自動車保険ではネット保険に切り替えてとても安くなった人が結構いることでしょぅ。

これが今はネット生命保険まででてきいていて、安くできるようになってきています。

逆に自動車保険は上がってきていのすから、ここは生命保険などでコストを減らしていくのがいいでしょう。
特に死亡保障を10年ぐらいの定期にしてしまうとかなり保険の負担が気が減ると思います。

タグ

2014年2月 1日|

カテゴリー:保険