起業資金も金利は低いのです。

起業資金も金利は低いのです。

今は、低金利の時代がまだつついていますから、起業するための資金を借りるのも、金利が安くなっています。

ただそうは言っても、民間の金融機関から事業資金を借りると、結構な額になってしまうので、銀行や商工ローンで借りてまで、開業するのはどうかとは思います。

ただし、今景気回復、東京五輪という目標ができていますので、ここで起業するのは、明るい兆しが見えているので、お勧めです。

格差が広がる日本の社会では、会社員を続けていても、エリートととの生涯賃金格差は広がるばかりです。

だったら、公的な資金を借りて、独立を目指してみるのもいいと私は思います。

政府系の金融機関の事業ローンもありますし、県などの自治体が間接的に信用保証して、低金国の開業資金や、事業をする場所の都道府県の創業に関する融資制度を調べてみるといいでしょう。

多くは2%前後で、1年程度の返済据え置き期間で、事業ローンを組める融資制度が用意されています。

基本的に自己資金の2倍までという制約がほとんどだとおもいますが、中には、自己資金3分の一があるならばOKというところや、自己資金の5倍まで融資するというところもあります。

もちろん低金利だとしても、自己資金の2倍を越えて、融資を受けるというのは、そんなにいいことではありません。

ローンを長めに組ん月の支払いを減らしても、返済はきついと思います、それでは、事業に集中できない事にもなりかねませんので、ほどほどにしたほうがいいでしょう。もちろん貸してもらえるかもありますしね。

しっかりとした事業計画を立てれば、公的機関の融資が受けられると思いますので、上手に利用しましょう。

タグ

2013年11月 9日|

カテゴリー:事業ローン