貯蓄

リボ払い地獄に注意

最近は、直ぐにリボ払いをしてしまう人が増えています。

このリボ払い、すごく金利が高いことをしっていますか?

消費者金融のキャッシング以上の場合もありますよ。

月々の支払金額が、一定の金額まで同じなので、毎月魅かれる金額が同じなので、

何を買っても、給与が減らないので、間隔がマヒしてしまいます。

結局まいつき、多くの利息を払っているようなものです。

だったら、まだキャッシングをして、1月で返したほうが絶対いいです。

30日無利息のキャッシングとかだったら、31日目からしか利息がつきません。

タグ

2014年5月 2日|

カテゴリー:貯蓄

保険を削って、貯蓄に回す

保険の支出を抑えて、貯蓄に回すことも考えてみてはどうでしょうか・・・

過剰な保障やだぶっている保障・・・いざというときでも、貯金でOKにものもありますし・・・

本当に必要な年齢の時だけにして、掛け捨てにしたり、定期にしたりすると、ものすごい節約になったりしますよ。

保険の見直しで節約を考えているのであれば、まず自分がどういった保険に加入しているのか、保険料はいくらなのかなど今現在の状態をしっかりと把握してみてください。

がん保険の見直し、生命保険の見直しなど色々みつかると思います。

タグ

2014年3月 6日|

カテゴリー:貯蓄

家計を楽にするための知恵

家計を楽にする方法は、収入を増やすか、節約するかしかありません。

ただ我慢する節約は、どうしても限界というものがありますよね。

涙ぐましい努力で、水道や電気などは使わない時は消す、すぐに水を止めるなど、

節約は結構手間と根気がいる、誰でもできるものではありません。

収入の少ない過分所得の少ない家庭では、食費を削るしかありませんが、

食事を取らないと言うわけには行きませんから、どうしても安い輸入物やいつもの食材よりランクを下げるなどの方法になります。

タグ

2013年12月 6日|

カテゴリー:貯蓄

退職後と老後の生活資金について考える

褪色した場合、現段階では、まだそれなりに年金が支給されています。

長年勤めた団塊世代の方の多くは、食べる分程度の年金はあると思いますが、今後の退職者はそうはいかなくなります。

これからの世代は、老後の資金として、年金に対する不安が広がっていて、若者の多くは貯金をしているらしいです。

少子高齢化、医療費の負担増問題、介護保険制度など、日本での未来の生活は、心配なことはやまずみです。

とうぜん今の若者は、退職後のことを考えたら、退職金と年金だけでは・・・と考えるでしょう。

住宅ローンは退職金で完済という方法を考えている人も結構いて、退職金も老後の資金にできないという人もいます。

タグ

2013年10月 5日|

カテゴリー:貯蓄

年金を補うための資産作りの資金作り

老後の備えに自分で投資や資産運用を考えることが重要になっきていますが、そのためには資金が必要で、資金が用意できない悩みがあるのではないでしょうか。

給与から投資資金をつくるのは、現状では共働きでなんとかやっている家庭がおおいなかでは、とても困難な話です。

そうなると、わずかでも別の収入源をつくるしかないと思います。たとえば月数万円程度のものでも、1年ぐらいでそれなりに資金になります。

最近は、企業でも副業を認める企業もちらほらとでています。

副業が禁止されているところは、奥さんなど家族の名義で、確定申告して凌ぐ方法もあります。

タグ

2013年9月23日|

カテゴリー:貯蓄

還付金は自分で申告しないともらえない

取られるときは強制ですが、戻ってくる還付金というものは、こちらから申請をしないと、そのまま返してもらえないままになってしまうので、どんな還付金でも、注意が必要です。

とりわけ金額が大きいのが住宅ローン控除です。これは、確定申告をして控除を受けないと何も始まりません。

3月が確定申告の時期になりますが、添付書類とか記入する書類がありますので、初めて申請する人は、期限ぎりぎりで間に合わなかったらバカみたいなので、準備は早めにしておきましょう。

初めてで勝手が分からない人は、税務署の窓口にいけば、書類は受け取れますし、書き方の説明書や相談も無料でできます。

魔戸口にいって書類をもらうほかに、ネットでもプリンターで印刷できる確定申告書作成コーナーというのがあり、入力して、保存することもできてとても便利です。

タグ

2012年1月31日|

カテゴリー:住宅ローン, 貯蓄