退職後と老後の生活資金について考える

退職後と老後の生活資金について考える

褪色した場合、現段階では、まだそれなりに年金が支給されています。

長年勤めた団塊世代の方の多くは、食べる分程度の年金はあると思いますが、今後の退職者はそうはいかなくなります。

これからの世代は、老後の資金として、年金に対する不安が広がっていて、若者の多くは貯金をしているらしいです。

少子高齢化、医療費の負担増問題、介護保険制度など、日本での未来の生活は、心配なことはやまずみです。

とうぜん今の若者は、退職後のことを考えたら、退職金と年金だけでは・・・と考えるでしょう。

住宅ローンは退職金で完済という方法を考えている人も結構いて、退職金も老後の資金にできないという人もいます。

現在の、現役世代が対策を考えるのならば、もう資産運用をすね以外に道はないのではないかと思います。

もう定期預金では、物価上昇で、資産価値は減る方が早いとおもいますから、何もしないリスクは高くなるでしょう。

ただ、資産運用は逆に減らす結果もあり得るのがこわいところですね。

名にm勉強せずにやり始めるのはきけんです。

自信が持てるまでは、資産運用の資金のために貯蓄し、資産運用の方法について学び、方法や資金配分をきめてから手を出すべきです。

タグ

2013年10月 5日|

カテゴリー:貯蓄